詩の本の思潮社

ホーム > 新刊情報
新刊情報

【近刊・予約受付中】鈴木正樹『壊れる感じ』


さりげなく、ジャンルを超える!


僕は 僕の場所へ 歩いているか
僕は 僕の歩幅で 歩いているか
僕は 僕の時間を 歩いているか
立ち上がる影を 僕の姿だと 言えるか
(「写し」)

女性をテーマに、短歌や評論・物語の枠を超え、落ち込んだりはしゃいだり、哲学したり――。詩と詩をつなげ、現代詩の立ち位置を、さりげなく辺境へと広げる作品群。4年ぶりの新詩集。

本体2500円+税
A5判上製・128頁
ISBN978-4-7837-3544-1
2017年2月刊

本のご購入はこちらから



 

【近刊・予約受付中】松尾真由美『花章―ディヴェルティメント』


果てしない花の紋様を


このような
窓のひろがり
あざやかな熟視をねがい
きっと誰かが見つめている
血の色の鋭敏さと空想の両眼と
正午に浮きあがる書物のページの
なまなましい胸の痛み
香っていてあえいでいて
剝がされた花びらは
なお希求の
欠けらとなる
(「まなざしと枠の交感」)

2009年から、静かに、ひたむきに積み重ねられた、森美千代の写真とのコラボレーション。松尾真由美の新たなる挑戦。装幀=中島浩

本体3800円+税
A5判変型並製・184頁
ISBN978-4-7837-3384-3
2017年2月刊

本のご購入はこちらから



 

【近刊・予約受付中】法橋太郎『永遠の塔』


戦慄の最新詩集


欲望は存在しない永遠の塔だ。生きているかぎり朽ちることがない黄金の精神だ。しかし哀しみはやって来る。陶器の破片から、ひとつの水甕が現れる。その水甕にたゆたっている野薔薇の花。さあ、歌え、すっかり時間に酔いしれて。
(「永遠の塔」)

詩壇を慄然とさせた衝撃の第1詩集『山上の舟』から18年。先達の死者へのオマージュをモチーフに、研ぎ澄まされた鋭利な言語が無数に拡散しながらも凝縮されてゆく。著者自装。

本体2400円+税
A5判上製・88頁
ISBN978-4-7837-3558-8
2017年2月刊

本のご購入はこちらから



 

田中宏輔『図書館の掟。』


異才が放つ渾身の新詩集!


濡れた手で触れてはいけない。
かわいた唇で愛撫するのはよい。
かわいた唇で接吻するのはよい。
しかし
けっして歯を立ててはいけない。
嚙んではいけない。
乾いた指が奥所をまさぐり
これをいたぶるのはよしとする。
死者たちは繊細なので
死者たちの悪口を言ってはいけない。
死者たちはつねに耳をそばだてている。
死者と生者とのあいだの接触は
一度にひとりずつが決まりである。
(「図書館の掟。」)

類のない詩的世界をあらしめる、言葉そのものへの徹底した感受と方法。圧巻の長篇詩「図書館の掟。」「The Marks of Cain。」をはじめとする、350頁を超える大冊。装幀=中島浩

*この詩集はオンデマンド出版で、アマゾンのサイト(Amazon.co.jp)のみでの販売になります。書店および思潮社営業部での取り扱いはありません。ご注文ごとに印刷製本し、24時間以内に発送、2~3日でお手元にお届けします。送料、印刷手数料等はかかりません。お問合せ=03-3267-8141(思潮社編集部)

本体2800円+税
オンデマンド版(ペーパーバック)・354頁
ISBN978-4-7837-3555-7
2017年2月刊

本のご購入はこちらから



 

平岡敏夫『塩飽から遠く離れて』


また還る日は


戦後八十年、塩飽の浜辺の墓原に眠っていたのでありました。
同時に王頭山頂の上の遥か上の蒼空を漂っていたのでありました。
塩飽から無限に遠く離れて。
(「塩飽から遠く離れて」)

〈無名の父・母・姉・弟・妹らを塩飽というトポスのなかで記しておきたい〉という詩人の切なる想いによって、遥かな歴史を抱き時代の荒波をおおらかに漕ぎわたった塩飽人の姿が鮮やかに記される、新詩集。カバー写真=新井豊美

本体2200円+税
A5判変型並製・96頁
ISBN978-4-7837-3557-1
2017年1月刊

本のご購入はこちらから



 

『北川透 現代詩論集成2――戦後詩論 変容する多面体』


レトリックという思想の実り


「たとえば谷川雁や黒田喜夫に対して北川透がどのような批判を向けたかの論理は、私たちに深く受け止められねばならない。この趨勢に向けられた北川透の問いと答えは、それが根底的である度合いに応じて、今も開かれたままである。そしてその開かれ方は、世界がこの問題を解決しなければ決して「現在」を超えることができない、という問題と、同一の場所を指し示している」(瀬尾育生・月報より)
「論争にせよ、詩作品にせよ、より大きくいえば現代という時代にせよ、北川が相撲をとる相手は常に生身だ。生身の相手に張り手をしてパーンと鈍い音がするときだけが北川は自身の「自立」を証すのである。……その時代その時代「いま、ここ」で倒されまいと北川の生身の体が相手にぶつかっていく音は、たとえば二〇一四年にも臨場感をもって私たちの鼓膜に響く」(佐藤雄一・月報より)

敗戦後の若い詩人たちは、当時の日本の思想・文学に強い支配力をもったマルクス主義の理念や伝統的な抒情詩の自然感性に、さまざまな位相で対抗的に想像力を形成する。それが画一的な言語とスタイルを拒む、多様で多彩な詩的世界を生みだした。なぜ、戦後詩なのか――。九つの論考から成る力篇「谷川雁論」をはじめ、秋山清、吉岡実、中村稔、岡井隆、村上一郎、辻井喬、黒田喜夫らを論じた詩人論と、「列島」批判の論考を収録。月報=瀬尾育生、佐藤雄一、菅谷規矩雄、装幀=間村俊一

本体5000円+税
四六判上製・552頁
ISBN978-4-7837-2372-1
2016年12月刊

本のご購入はこちらから



 

塚原史、後藤美和子編訳『ダダ・シュルレアリスム新訳詩集』


ダダ100年の現在へ


DADAはおれたちの強烈さだ。(…)ダダはお上品なスリッパも、交わらない平行線もいらない人生だ。統一ってやつには反対でもあり、賛成でもあり。でも、未来には断固として反対する。
(トリスタン・ツァラ「ムッシュー・アンチピリンの宣言」)

「最初のダダ宣言以来一世紀の時が流れた現在、聞き慣れた言語を変貌させる未知の体験にふと心惹かれたなら、ぜひこの詩集を開いて、ダダイストやシュルレアリストが後世の私たちに書き残した詩を読んでほしい」(塚原史)。破壊/反抗/変革の感性と精神を生きた言葉のアヴァンギャルドたち32人の、画期的邦訳アンソロジー。装幀=田中勲
【収録詩人】
アポリネール、ツァラ、ピカビア、リブモン=デセーニュ、リゴー、ノアイユ、コクトー、ルヴェルディ、ヴァシェ、ブルトン、アラゴン、スーポー、エリュアール、ペレ、デスノス、クルヴェル、バロン、ドゥアルム、アルトー、バタイユ、シャール、クノー、ポンジュ、ミショー、プレヴェール、ペンローズ、カーアン、プラシノス、マンスール、セゼール、イヴシック、ル・ブラン

本体2400円+税
四六判並製・240頁
ISBN978-4-7837-2772-9
2016年12月刊

本のご購入はこちらから



 

岩阪恵子『その路地をぬけて』


珠玉の散文詩集、37篇


ふとふり返ってみれば、今しがた通りぬけてきた細い路が、そしてこれから通るはずの路が見当たらなかった。
(「その路地をぬけて」)

「臭気芬々とした汚泥のようなそれら堆積物を少しずつ取り出し、辛抱強く捏ねあげ、かたちを整え、息を吹き込み、辛うじて世間にも通用する言葉というものに換えて、ふたたびこの世に旅立たせてやりたい」(「ひとりでいると」)。しなやかな詩心が、記憶と日常を重ねて瞬間をとらえる。あらゆる虚飾を排し、凜として佇む37の詩篇。装幀=清岡秀哉

本体2200円+税
A5判変型並製筒入・112頁
ISBN978-4-7837-3554-0
2016年12月刊

本のご購入はこちらから



 

藤井慶子『水鏡の記憶』


青く炎えつづけて


私のなかにようやく水の記憶がもどりはじめた 水はもえながら魂を浄化する 水面を雲が形をかえながら流れてゆく 鏡は夕映えの空に淡い月かげを静かに映しだす
(「水鏡」)

「古城の王冠のルビーの光、恋文の中の炎のゆらめき、幽明を流れる鉦の音なども、水鏡のようなゆらぎによって生まれ、消えゆく、触れられぬ幻を浮かび上がらせる。(…)そこに私は、藤井慶子さんの作品に通底している、人生への、美への、命への深い憧れを見る」(中本道代)。澄明な水鏡が映しだす、生と死のはざまのゆらめき。炎えつづける命と秘めた愛を見つめ、また見つめ返され、時をこえた対話が奏でられる。生きた証を凝縮した第2詩集。

本体2400円+税
A5判変型上製・106頁
ISBN978-4-7837-3553-3
2016年12月刊

本のご購入はこちらから



 

高見沢隆『ネオ・リリシズム宣言』


死的詩想の抒情


暗がりに眠り
わたしという死者の永遠が一瞬に映しだされる
背骨で脱皮したセミの抜け殻が霞む声で
伸びきった神経を伝わり
音のない声が眼の触覚へ愛のように寄り添ってくる
(「目の触覚」)

言葉にいかに永遠性を持たせるか。「鬱」や「狂気」をモチーフに「死」を描いてきた詩人は、さらに宇宙的な視点から、しかしあくまでも抒情的に自らの詩想を顕わす。13年ぶりに提示される新たなる情熱の発露。

本体2200円+税
A5判上製・94頁
ISBN978-4-7837-3556-4
2016年11月刊

本のご購入はこちらから