詩の本の思潮社

ホーム > 新刊情報
新刊情報

高橋綾子『ゲーリー・スナイダーを読む――場所・神話・生態』


野性のエコフェミニズム


スナイダーは八十七歳となった今でも、未だ知的好奇心は常に旺盛である。原爆投下の知らせを聞いたときに感じた怒りと破壊的な力と戦う姿勢は、形態が変わっても貫かれていると語っていたように、人間と自然の共生に向けてこれからも戦い続けていくことだろう。
(おわりに)


生命中心主義の惑星思考へ――広範で有機的な想像力と、新たな思想を生む原動力をあわせもつスナイダーの詩世界はどのように形成されてきたのか。生命の共同体の実現という理想へ向かって培われた、融合的なヴィジョンに迫る。最初の詩集『神話と本文』から最新詩集『この現在という瞬間』まで、全ての詩集やエッセー集、自筆日記や書簡などを入念に考察し、その創造的エネルギーの根底にあるデプスエコロジーと女性性を読み解く、渾身の長編評論!カバー写真=原成吉

本体2800円+税
四六判上製・306頁
ISBN978-4-7837-3814-5
2018年3月刊

本のご購入はこちらから



 

阿部嘉昭『詩の顔、詩のからだ』


ことばの潜在性


顔をうばわれた身体だけが、すこし離れた位置に局在化し、「それがあるいている」。(…)そうだ、詩作のさだめとして――「詩の顔」はきえてゆく。だれかの身体だけがのこる。
(「放心」)


「すくなさが書く」とはどういうことか――。詩の現在に一 石を投じた『換喩詩学』(鮎川信夫賞)、『詩と減喩』に次ぐ、詩論集第3弾。「現代詩手帖」2016年の詩書月評など、詩のフィールドを賦活させる最新批評。装幀=奥定泰之

本体3800円+税
四六判並製・368頁
ISBN978-4-7837-3813-8
2018年3月刊

本のご購入はこちらから



 

恒川邦夫『《クレオール》な詩人たち Ⅱ』


クレオール詩全景


現代社会の多様な問題――民族紛争、宗教戦争、ネオコロニアリスム、貧富の差など――に対する示唆が〈クレオール〉というコンセプトには様々な形で含まれている。
(あとがき)


〈革命〉と〈カリブ海性〉を刻む詩群――。クレオール文学の第一人者が、カリブ海の詩人たちを体系的かつ網羅的に紹介する決定版。マルチニック、グアドループ、ハイチなど、現地でのさまざまな交流を手がかりに、魅惑にみちた詩群を訳出し、各詩人の生きざまを活写する。
[収録詩人]
ニコラス・ギエン/ジャック・ルーマン/マグロワール=サン=トード/ルネ・ドゥペストル/フラケチエンヌ/モンショアシ/テレーズ・レオタン/アンリ・コルバン/ロジェ・パルスマン/エルネスト・ぺパン

本体3200円+税
四六判並製・360頁
ISBN978-4-7837-3812-1
2018年3月刊

本のご購入はこちらから



 

ジャン=ミッシェル・モルポワ/有働薫訳『イギリス風の朝(マチネ)』


リリスム・クリティークの原点


書くという冒険の極限の場所に、空白のページが震えるときに、長い間保留にされていた唯一の質問――それは歌かどうか――が生まれる。リリシズムとはこの不安のことである。
(「序曲」)


「モルポワは逆説的な実行――世界と他者と言語にたいして自らを開くことによって抒情的主体が自己超越するために行動する――の好機としてこれを直視する」(ミッシェル・コロー)。「リリシズムは主観ではない、リリシズムは本来人間の本質から汲み上げられるものだ、という主張が、長年詩というものにかかわってきた意識に何の障害もなく自然に流れ込んできた」(有働薫)。様々な声や断片、とりわけルソーの『新エロイーズ』を交響させながら、永遠のテーゼであるリリシズムに向き合う思想と詩想のメランジュ。リリスム・クリティークの旗手モルポワの若き日の原点。装画=著者

本体2500円+税
A5判並製・154頁
ISBN978-4-7837-2778-1
2018年3月刊

本のご購入はこちらから



 

池井昌樹『未知』


ひたすらに


わたしたち
妖精ぐらししています
(「薄羽蜉蝣」)


「詩も生も、その本当の目的は明かされぬまま秘されているのかもしれない。私たちの、遐い原郷に」(あとがき)。妻とふたり身を寄せ合って暮らす、ささやかな日々。実のようで虚、虚のようで実。あらゆる雑念をそぎ落として描かれる、詩の数々。膨大な詩群の中から選りすぐられた57篇。装画=高貝弘也、題字=池井昌樹

本体2800円+税
A5判変型上製・158頁
ISBN978-4-7837-3600-4
2018年3月刊

本のご購入はこちらから



 

細田傳造『アジュモニの家』


たましいの停留所


死んでいることを忘れるな
機長の声が響きわたって
飛行機が落ちると
神の子たちは神の家々へ散ってゆき
僕はアジュモニの家へ飛んでいった
(「アジュモニの家」)


“いま”と“あのとき”を跳梁する軽妙な筆致にこめられるもの。『かまきりすいこまれた』に続く、新詩集。装画=辻憲

本体2400円+税
A5判変型並製・96頁
ISBN978-4-7837-3601-1
2018年3月刊

本のご購入はこちらから



 

大島邦行『逆走する時間』


詩の言葉とは


饒舌の高みで蟇の眼が
空の裂け目に貼りついている
透明な陽盛りに四散した声は毀れ
迷走する蒼ざめた神話が
三月の空洞を鎖す
(「雲雀」)


「あの地震・津波さらに原発事故は私のなかに大きな空洞を残しました。その空洞を残したままの現在でありますが、それは紛れもない私の事実であります」(あとがき)。未曾有の震災に言葉を奪われるほどの衝撃を受けた詩人は、自らの詩の言葉を見つめなおし、詩人としてのアイデンティティをあらためて確立する。9年ぶりの最新詩集。 装画=清水明

本体2400円+税
A5判上製・126頁
ISBN978-4-7837-3599-1
2018年2月刊

本のご購入はこちらから



 

『北川透 現代詩論集成3――六〇年代詩論 危機と転生』 


ことばが語る時代、その展開


「「強いられる」と「奪回する」が自然に折り合いをつけるのを拒むように、どこまでも「遡行する」のパラフレーズを少しずつずらしながら、「未知への不安」にむかって複数化する〈わたし〉を生みだしている。……変化する時代の局面への関心を失わずに仕事をしてきたことでも抜きんでている北川透の、その詩と詩論のどちらにとっても要となるものをあらたに見せられた気がする」(福間健二・月報より)
「ここまで論理を追い詰めても、何ら六〇年代に開放感をもたらす詩的現実の常態が見つからないのだとしたら、詩の転生の可能性はどこにあるのか。少なくとも、遅れの意識にある著者自身においては、心情的ラジカリズムの表現形式を避けながら、河の源流にさかのぼってゆくそれ自体、いわば宿命(それ自体を生きること)の形式に自らを捧げるほかないのではないだろうか」(岸田将幸・月報より)

50年代から60年代にかけて、戦後的な社会の枠組み、党派的な文化への拠り所が失われ、言語そのものに依拠する〈ことばが語る時代〉が始まる。前時代からの継続を暴力的に切断した「凶区」などの言語の断層、急勾配、崩落の現場に、詩の危機と転生を読みとる巻頭論考のほか、飯島耕一、大岡信、入沢康夫ら、戦後詩から離陸する詩人たちと、鈴木志郎康、天沢退二郎、吉増剛造、佐々木幹郎ら、六〇年代とそれ以降の詩を担った詩人たちについての論が激しく踵を接する。月報=福間健二、岸田将幸、渡辺武信、天沢退二郎。装幀=間村俊一

本体5000円+税
四六判上製・562頁
ISBN978-4-7837-2373-8
2018年2月刊

本のご購入はこちらから



 

岩木誠一郎『余白の夜』


ひとすじの痛み


帰るのでも
訪れるのでもなく
つめたい指さきがたどるたび
少しだけ
つながりそうになる記憶の方へ
(「ガラスの街まで」)


「触れていると思っているものが、ほんとうにそこにあるのかどうか。いつまでたっても不安は不安のままです。同じように感じているひとに、少しでも言葉が届けば幸いです」(あとがき)。円環を描く物語のように、記憶をしずかに濡らしていく22篇。装画=矢野静明

本体2200円+税
四六判上製・86頁
ISBN978-4-7837-3598-4
2018年1月刊

本のご購入はこちらから



 

暁方ミセイ『ウイルスちゃん 新装版』


第17回中原中也賞受賞!


緑色地帯から
発光している
しがつの霊感の、稀薄な呼気だけを肺胞いっぱいに詰めて
そのまま一生沈黙したい
(「呼応が丘 二〇〇九年五月十四日」)


「表現に節度はあっても、無理はない。なだらかなことばの山並が、世界を徐々に確実に形成する。時は流れ、空がひろがるのだ。自意識と告白に浸食された現代の詩。そのなかでこの詩集の深みのある明るさは格別である」(毎日新聞)。新しい抒情の在処を告げた鮮烈なデビュー詩集。装幀=カニエ・ナハ

本体2200円+税
A5判変型並製・112頁
ISBN978-4-7837-3590-8
2018年1月刊

本のご購入はこちらから



 

駱英/竹内新訳『文革記憶――現代民謡』


悲嘆よりも呪詛を


こういう作品は、私のような世代の人間によってしか書けない。私たち誰もが、暴力を振るった者であり、それを懺悔している者でもあるからだ。(…)それは即ち物語であり、現代の民謡であり、エレジーであり、やりきれなくて吐き気をもよおす記憶だ。
(後記)


「歴史というものは腐敗する 永遠に信頼してはならない」(「腐敗した逃亡者」)。文化大革命とは、我々とは何であったのか。かつて紅衛兵だった詩人が歴史と人間存在の本源を抉る。血と闇の呪詛が地鳴りのように響きわたる衝撃の問題作!

本体2400円+税
四六判並製・240頁
ISBN978-4-7837-2777-4
2018年1月刊

本のご購入はこちらから



 

クレア・ロバーツ/髙岸冬詩訳『ここが私たちの上陸地』


極北の光と音の世界


あなたが降参した
あの冬を回想すれば
瞬時に思い出すことでしょう
郵便ポストへ向かい
白霜の中を歩いていくと
全世界の光と空間を
枝の中に抱きしめた
ポプラ林の光り輝く動脈に
辿りついていたことを。
(「変化」)


「ここがぼくたちの上陸地、/月明かりのフータリンクアだ。」(「到着」)。カナダの大自然に暮らす人々の現在と、ゴールドラッシュ時代の交響が降りなす、類を見ないスケールの大きな世界。注目の新鋭の第1詩集、鮮烈なる全訳。装画=ジェーン・イサクソン

本体2200円+税
四六判並製・176頁
ISBN978-4-7837-2776-7
2018年1月刊

本のご購入はこちらから



 

中原秀雪『モダニズムの遠景――現代詩のルーツを探る』


現代詩は何処から?


プレ・モダンとモダンが入り混じった不安定な昭和の初期に、三人の詩人たちのモダニズムとの付きあい方の違いはそれぞれ興味深いものがある。その『モダニズムの遠景』を素描してみることで、これから先の「現代詩」のあり方を少しでも見とおすことができればというささやかな試みである。
(あとがき)


「昭和十年代のモダニズム詩に、独自なかかわり方をした詩人、丸山薫、春山行夫、金子光晴。この三人はまた、かつてのモダニズムの先端都市名古屋や、その周辺が出身地だ。現代詩の誕生と名古屋を結んで、モダニズムの源流を見据えながら、明日の詩の在り方を構想している。名古屋在住の詩人、中原秀雪は、誰もが見落としていた、現代詩史の暗部から議論を始めた。それが楽しい」(北川透)。
現代詩はどこから発生したのか。春山行夫、丸山薫、金子光晴という三人のモダニズム詩人たちに共鳴する、生地名古屋周辺の風土と現代詩の源流との関わりを探りながら、「現代詩」の発生から変遷の過程をそれぞれの作品を引用しつつ綿密に考察し、詩の在り方までを見渡した画期的な詩論集。装幀=宮下香代

本体2400円+税
四六判上製・224頁
ISBN978-4-7837-3811-4
2017年11月刊

本のご購入はこちらから



 

福田拓也『倭人伝断片』


最新詩集


岩肌の中にわたしはやがて一つの複雑な文様となって消失し、わたしもはやいないということ自体が一つの風景として開かれる、
(「「倭人伝」断片」)


記憶と現在とを揺蕩いながら、果てなき地点に向けて書き継がれたさまざまなイマージュの断片。第32回現代詩手帖賞受賞以降、先鋭な詩作と切先鋭い評論の両輪で精力的に活動する俊英詩人による最新詩集。

本体2200円+税
A5判変型上製・84頁
ISBN978-4-7837-3597-7
2017年11月刊

本のご購入はこちらから



 

山内功一郎『沈黙と沈黙のあいだ――ジェス、パーマーとペトリンの世界へ』


詩さがしへのいざない


語源的に「大気のそよぎ」あるいは「呼吸」と関連づけられる「亡霊」(spirit)の出現を機に、それまで窒息しかかっていた私たちがもし呼気と吸気の循環をひとまず取り戻すことができるとすれば、そのこと自体には幾ばくかの価値が認められはしないだろうか?
(「ペトリンのノートブック」)


サンフランシスコ、東京、京都、パリ――それらの都市で、ひとりのアメリカ文学者が詩人や画家たちをはじめとするアーティストたちの世界へと歩み入り、やがて彼らの作品が発する「無音のざわめき」へと耳を澄ましはじめる。鮎川信夫賞受賞『マイケル・パーマー』に次ぐ、言語の詩と非言語の詩が生じる地点へと読者をいざなうトラベローグ。

本体2400円+税
四六判上製・234頁
ISBN978-4-7837-3808-4
2017年12月刊

本のご購入はこちらから