詩の本の思潮社

ホーム > 編集部から
編集部から

現代詩文庫『続・吉原幸子詩集』重版出来!

2021年12月02日

null


『オンディーヌ』『昼顔』ほか収録


はじめて 神に訊ねる!

じぶんだけ服役してしまふ共犯者は
裏切者か?
(「共犯」)

70年代に刊行された『魚たち・犬たち・少女たち』『夢 あるひは…』『夜間飛行』3冊のほか、『オンディーヌ』『昼顔』から正篇未収録詩篇を収録。詩人論=大岡信、解説=多田智満子

本体1165円+税
四六判並製・160頁
ISBN978-4-7837-0942-8
2003年2月第1刷 2021年11月第2刷


本のご購入はこちらから






























現代詩文庫『吉原幸子詩集』重版出来!

2021年12月02日

null>


『幼年連禱』『夏の墓』ほか収録


風 吹いている
木 立っている

ああ こんな夜 立っているのね 木
(「無題(ナンセンス)」)

愛と裏切り、孤独をテーマとしながら、一方で、ちいさきものに惜しみない視線を注ぎつづけた吉原幸子。初期詩集『幼年連禱』『夏の墓』『オンディーヌ』『昼顔』4冊から代表作を収録。作品論=石原吉郎、詩人論=江森國友、山本道子

本体1165円+税
四六判並製・160頁
ISBN978-4-7837-0755-4
1973年9月第1刷 2021年11月第17刷


本のご購入はこちらから