詩の本の思潮社

ホーム > 新刊情報
新刊情報

江文瑜/池上貞子・佐藤普美子訳『仏陀は猫の瞳にバラを植える』

null


生命、愛、心と対話するグレート・ジャーニー


仏陀は猫の左の瞳にバラを植える
猫は愛しい人が見えた時
瞳孔は喜びでひろがり
つれてバラも
世界をひろげる
(「序詩 仏陀は猫の瞳にバラを植える」)

詩人が日本の猫と仏典の関わりから得た霊感は、仏陀に出会う長い旅をへてついに「ニャオ」と産声をあげた。猫の一生を描く4つの組詩により、人生や魂との対話、生命の物語があざやかに花ひらく。台湾を代表する詩人の新境地。

本体2600円+税
四六判並製・256頁
ISBN978-4-7837-2787-3
2021年1月刊

本のご購入はこちらから

 

岸田裕史『水のなかの蛍光体』

null


青いゆらめき


冷たい風がこの村の
緻密に組み上げられた極性配列を崩してくれる
もうこの村に思い残すことはなにもない
(「夜にゆすられ」)

「戦後詩とはひと味もふた味もちがう回路での意味の回復を担っているともいえる。まぎれもなく今日の現代詩に新風を送り込む一冊といっていいだろう」(倉橋健一)。「テクニカルタームと抒情的な文体が相まって、えもいわれぬフェティッシュな詩語の興奮を高めていく。(…)ぜひ作者のたくらみを存分に楽しんでいただきたい」(田中庸介)。有機と無機の物質がゆらぎ、混じり合うなか、崩壊を予感する。未知の世界へと向かう詩32篇。

本体2400円+税
A5判上製・112頁
ISBN978-4-7837-3739-1
2020年11月刊

本のご購入はこちらから

 

岡本啓『ざわめきのなかわらいころげよ』

null


ふたごのブランコ


わたしは拒否する
わたしのための朝焼けを
息をのむほど高いこの失望こそ
わたしのもの
(「透明の靴を編む」)

「そうだ、石室は、胎内というよりもむき出しの聴覚だ。大地がきき耳をたてている。墳丘の耳――。するとどうだろう、太古からはるかな物音が一気に聞こえてくる」(「風景に呼びかける」。)二冊のはざまからふく風に――。2010年代を画した『グラフィティ』『絶景ノート』につぐ、待望の第3詩集。著者自装

本体3600円+税
A5判変型上製たとう入・80頁/88頁
ISBN978-4-7837-3730-8
2020年11月刊

本のご購入はこちらから

 

藤田晴央『空の泉』

null


たましいとの対話


ふり仰ぐ頭上に
たましいの泉があり
わたしは
湧きでるものに
のどをうるおしている
(「空の泉」)

「生きているということの中には、分析など出来ようもない深いところから湧いてくるものがある。詩とは、そのこんこんと湧いてくる泉である。」(あとがき)三好達治賞詩人が「人間のたましい」と対話。気が遠くなるような自然の奥深い語りかけを受けとめた、優しく静かな思いにつらぬかれた抒情詩集。

本体2200円+税
A5判並製・98頁
ISBN978-4-7837-3734-6
2020年12月刊

本のご購入はこちらから

 

新倉葉音『夕間暮れに見た白い花』

null


花を傍らに


青空色のおおいぬのふぐりの花が
風に飛ばされ散り散りに消えていった
(「ある春の日」)

「おおいぬのふぐりの花言葉は「信頼」「忠実」「清らか」だ。新倉葉音の詩には、この三つの言葉がとてもよく似合う。花を基調に、人への「信頼」と人生への「忠実」、そして母への愛を求めた「清らか」な詩がここにある。」(金井雄二)。9年ぶりの最新詩集。

本体2400円+税
A5判上製・104頁
ISBN978-4-7837-3735-3
2020年10月刊

本のご購入はこちらから

 

石松佳『針葉樹林』

null


第57回現代詩手帖賞


馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。沼に立ち尽くす馬は暗く燃え、やがて皮膚の上には雪が結晶する。
(「絵の中の美濃吉」)

「文字が透き通るだけではなく、書かれている内容も完璧に透き通ってしまう。読み取れるのは、詩の向こうから差し込んでくる陽射しのまぶしさだ」(松下育男)。「直喩と隠喩が分かちがたく用いられている。自在な喩と意味の接続に変化を加えることで、わたしたちの想像力を越えていく」(須永紀子)。清冽なる心音――。水面を吹き抜け、傘を開いてゆく言葉たち。装幀=佐野裕哉

本体2000円+税
四六判変型並製・96頁
ISBN978-4-7837-3738-4
2020年11月刊

本のご購入はこちらから

 

金田久璋『理非知ラズ』

null


神を問う、神に問う


一日を生きるための
わずかな飢えを満たす
我欲我執が救いとなりますように
(「鯉」)

「無明極めたる羅切汝は誰」。深まりゆく遊行期、生と死の〈理非知ラズ〉は知情意を超え、せめぎあうエロスとタナトスの祝祭に森羅万象を視る。渾身の新詩集。

本体2600円+税
A5判上製・144頁
ISBN978-4-7837-3737-7
2020年11月刊

本のご購入はこちらから

 

海東セラ『ドールハウス』

null


空間のプリズム


ふり向いてごらんなさい、背後はどこまでも開かれている、ここはあらかじめ不完全にオープンな部屋です。
(「ドールハウス」)

鳥が尾羽をひらいた下廻り階段、屋根裏の気室、永久を夢見る台所……住まう構造とひとの時間がからまってはほどけ、ランプの火影に空間のポエジーが踊りだす。独創的な22篇の小世界。

本体2300円+税
A5判並製・96頁
ISBN978-4-7837-3736-0
2020年11月刊

本のご購入はこちらから

 

小笠原茂介『幻の白鳥』

null


戦後世代の昂揚と挫折のあわいに


あるとき運悪く 火の球が捕まって…氷の球の縁が燃える…
コロナ…紅炎と純白の…凄まじい光の荘厳指輪――
そのとき地球は どきどきしながら真っ暗で…
遠近の星さえ 燦めきいでて…
(「幻の白鳥」)

深層意識に眠る人類始原の夢を描いた『夜明けまえのスタートライン』で生まれた〈(死者としての)朝子モティーフ〉は、『青池幻想』、『雪灯籠』において、〈愛と死別〉の普遍像として完成された。本詩集は、〈朝子モティーフ〉の原点に立ち戻り、学生時代の朝子との出会いに始まる、1960年以降の反安保世代の昂揚と挫折を背景にした戦後史の一断面として造型された。

本体3000円+税
菊判上製・160頁
ISBNISBN978-4-7837-3733-9
2020年10月刊

本のご購入はこちらから

 

高橋睦郎『深きより 二十七の聲』

null


伝統という冥界下り


千年 千數百年 久しく忘れられてゐた私の名を呼ぶのは
幾層にも振り重なつた時間の堆積の底 隙閒なく きしきしと
泥の詰まつた鼓膜を打つて 私の眠りを覺ますのは 誰?
(「深きより」)

現代の詩人にとって冥界とはひたすら伝統のことではないか――。稗田阿礼、額田王から、蕪村、河竹黙阿弥まで、古代から近世にいたる先人の霊をして、その詩心を語らしめる。日本語詩歌との長い歳月を結実させた、空前絶後の試み。「現代詩手帖」好評連載を集成。〈三島由紀夫〉との交信・対話を付す。装幀=原研哉+梶原恵

本体3800円+税
菊判変型上製・192頁
ISBN978-4-7837-3712-4
2020年10月刊

本のご購入はこちらから

 

森本孝徳『暮しの降霊』

null


Poltergeists of Our Life


きみは咲う。親はいま骨離れが悪いと。指が戦ぐのはそのせいでなく、ぼくも囮の信条に背いて意味もなく笑うことがある。
(「豚の首」)

文反故による貼雑ぜ自伝。骨のない幽霊。角材で閂をして眠る姉妹。でこっぱちの毛虫――。人から遠く離れた場所で、人との共棲をもはや無用とした言葉同士は、どうして人の想い出を騙りえるだろうか。『零余子回報』から5年を懸けて設えられた、現代詩の巣穴。装幀=水戸部功

本体2400円+税
A5判上製・96頁
ISBN978-4-7837-3729-2
2020年10月刊

本のご購入はこちらから

 

山崎佳代子『海にいったらいい』

null


緑色に透き通って


眠る父は、限りなく自由だ
空を渡る鳥のように軽やかだ
と、娘は呟く、聞きとれぬ声で
(「地図」)

「ベオグラードに住む私が、入院中の父を見舞うことができたのは幸いなことであった。(…)入院生活は二週間続いた。病院の地下の売店で見つけた紺色の小型ノートに、夜ごと鉛筆で詩を綴った」(「制作記録」)。植物学者だった父の存在を心に、詩人はしずかに海を見つめる――。10年ぶり、待望の新詩集。装幀=扉野良人

本体2700円+税
A5判上製・128頁
ISBN978-4-7837-3726-1
2020年10月刊

本のご購入はこちらから

 

田中さとみ『ノトーリアス グリン ピース』

null


ひととせの光


赤い波の輪郭線 が 遠い昔に向かって柔らかくうごく
雨が斜めから降り注ぎ リズムを刻んだ
三つになっても立つことができなかった
アンドロイド が 歌を歌う

「ノトーリアス グリン ピース」
私はその歌をそう名付けた
(「キミが最初の花だった」)

「田中さとみの呼気とともに零れてくる書法に彷徨っていると不思議な森に迷い込む。ここはかそけきミドリの旋律がみち溢れる世界だ」(朝吹亮二)。奔放に切られゆく詩のシャッター音。『ひとりごとの翁』に次ぐ、待望の第2詩集。写真=金川晋吾、装幀=中島浩

本体2400円+税
A5判上製・96頁
ISBN978-4-7837-3725-4
2020年10月刊

本のご購入はこちらから

 

伊藤浩子『数千の暁と数万の宵闇と』

null


未生の生へ


少年は樹上から降り、もう半刻もすれば遅れながらもたどり着くだろう、妹の前に伸びたこの道の粗雑さと、丸く白いやわらかな右手を思った。
(「(無題一)」)


昏い記憶をつたって異質なものが語りはじめる。丹念な書記が映す、無言の深みに孕まれた予感、詩28篇。『未知への逸脱のために』(鮎川信夫賞)、『たましずめ/夕波』に続く、待望の新詩集。装幀=中島浩

本体2600円+税
A5判上製・128頁
ISBN978-4-7837-3707-0
2020年10月刊

本のご購入はこちらから



 

柿沼徹『某日の境』

null


いつから?


すでにだれかが黙っているので
とても大きな群れになって
鳥が移動していく
見えなくなるまで
(「鳥獣の境」)

昨日は人のためにあるのではない。海が船舶のためにあるのではないように。昨日が「昨日」でなくなり、人の記憶の外に立つとき、はじめて昨日はそれ自体として存在する。水平線の先に必ずあるのに、見えないもの。昨日への眼差しは、不可視的なものへの視線にほかならない。『もんしろちょうの道順』以降、8年ぶりの新詩集。装画=森雅代

本体2300円+税
A5判変型並製・96頁
ISBN978-4-7837-3728-5
2020年10月刊

本のご購入はこちらから