詩の本の思潮社

ホーム新刊情報月別リスト > アーカイブ
新刊情報

沓掛良彦、横山安由美編訳『詩人クリスティーヌ・ド・ピザン』


中世フランスの傑出した詩人、その詩と生涯


わたしはひとり ひとり身の願わしさ、
わたしはひとり いとしの夫〔つま〕に先立たれ
わたしはひとり 仲間なく夫もなく
わたしはひとり 嘆かいと悲歎にうち沈み、
わたしはひとり 身はやつれ世にあるもいとわしく
わたしはひとり 誰よりもよるべなく、
わたしはひとり 背の君におくれて、かくて世にながらうる。
(「バラード 一一」)

「中世フランスに咲いた大輪の「知性の華」であり、ヨーロッパ最初の女性職業詩人・作家として縦横に文筆を揮って活躍した女性でありながら(…)この国では不思議なほど不運な詩人」クリスティーヌ・ド・ピザンの代表的な作品53篇を訳出。愛の詩とその生涯を翻訳紹介する。アートディレクション=原耕一。発行=大和プレス

本体6000円+税
A5判変型上製・176頁
ISBN978-4-7837-2780-4
2018年9月刊

本のご購入はこちらから



 

時里二郎『名井島』


第70回読売文学賞(詩歌俳句賞)受賞!
第49回高見順賞受賞!


植物図鑑の雨の中を 男は朝狩から帰還する
猟の身繕いのまま弓と胡簶を床に投げ出して
仕留めた獲物を閲覧室の机に置く
(「朝狩」)

「見えない島の 鳴かない鳥の/ささ ここ きき しし け//みなほどかれてそこに ある」(「鳥のかたこと 島のことかた」)。用済みになった人形やアンドロイドが余生を送るサナトリウムの島。過去―未来を貫いて、精妙にスタイルを変容させながら、多層的に織り上げられた、言語の島をめぐる探究の地誌。 装幀・装画=望月通陽。重版出来!

本体2600円+税
A5判変型上製・146頁
ISBN978-4-7837-3627-1
2018年9月刊 2019年4月第2刷

本のご購入はこちらから



 

『帷子耀習作集成』


「こんなものは詩ではない。」
「ジョートー、です。」


カンシャク玉ごっこの後のうそ寒い焼跡へ見知らぬ生贄の道行の果てしなさはもう焼跡へもうもうともろく飛び散り死水〔シャボン〕とびおお思いつめての知恵の輪いじりに似る不協和音あれ言葉言葉言葉よそして(ふんアカシヤの雨に打たれた所であたしゃ言葉さん〔あんた〕にパロールってルビを振る趣味は毛唐ほどもないのさ)後ずされるのか忘れもののように長あく揺らぎとろける水柱の尾っぽの水のみきって
(「ふる卵のへりで遊べない朝までは」)

「革命が叫ばれたあの時代、帷子耀という詩人は知識による権威に唾を吐きつつも、乱用される言説の照射を一身に受けた。それらを全身で感光し、ネガからポジへ、言葉を現像する。狂れたように疾走する指先は、言語からこぼれ落ちる言葉の、言語による救済を試みていたと思えてならない」(藤原安紀子)
13歳、きみは誰をわらっていた。14歳、きみは何をわらう。ここに収められているのは、13歳から19歳までを詩の不良として生きた者が世界に宛てたメサージュである。その者の名は帷子耀。カタビラ・アキと読む。詩人とともに幻のごとく散逸、多くは読むことも困難となっていた詩と文を集成。すべては1968年からはじまった。読んでわらうか、きみは。
伝説的詩人の全貌。装本=井原靖章

本体4000円+税
A5判変型上製・464頁
ISBN978-4-7837-2384-4
2018年10月刊

本のご購入はこちらから



 

日笠芙美子『夜を旅するもの』


呼ばれた あの場所へ


いくつもの夜を通って
わたしはうまれたのです
一滴の水の産声で
(「誕生日」)

夜の深みへ、詩人はことばの灯をかかげて旅をつづける。めぐりゆく生と死の季節のあわいから、ひかりへと生まれ出ようとする21篇。

本体2400円+税
A5判上製・96頁
ISBN978-4-7837-3632-5
2018年9月刊

本のご購入はこちらから



 

南川隆雄『みぎわの留別』


この先のことは


いま人目かまわず諦めの襤褸をひらめかせ
たぎる坩堝にやすやすと呑みこまれていく
もうじゅうぶんに おあずけ してもらったよ
どこまでもいとしい獣の夏には
(「いとしい夏」)

炎と渇き、儘ならぬ此岸を渡り、生の骨肉から滲み出る苦みえぐみを飲みほしたあと待ちうけるのは、いよいよ透きとおった水のほとりか、それとも――生死への絶えざる煩悶を静かに詩語へ屹立させる、40篇。

本体2400円+税
A5判上製・98頁
ISBN978-4-7837-3629-5
2018年9月刊

本のご購入はこちらから



 

小林稔『一瞬と永遠』


記憶の彼方から


私の身体にうごめく「少年」の躍動の痕跡を追い、
私は言葉を発信する詩人であることをやめないだろうと。
(「痕跡を追う――若き闘士へ」)


「夏の庭を裸足で足跡をつけていった少年を追い駆けなければならない」(「タペストリー 一」)。詩作50年を経た詩人が渾身の想いで世に問う第9詩集。

本体2500円+税
A5判上製・120頁
ISBN978-4-7837-3619-6
2018年8月刊

本のご購入はこちらから