詩の本の思潮社

ホーム新刊情報 > 沓掛良彦、横山安由美編訳『詩人クリスティーヌ・ド・ピザン』
新刊情報

沓掛良彦、横山安由美編訳『詩人クリスティーヌ・ド・ピザン』


中世フランスの傑出した詩人、その詩と生涯


わたしはひとり ひとり身の願わしさ、
わたしはひとり いとしの夫〔つま〕に先立たれ
わたしはひとり 仲間なく夫もなく
わたしはひとり 嘆かいと悲歎にうち沈み、
わたしはひとり 身はやつれ世にあるもいとわしく
わたしはひとり 誰よりもよるべなく、
わたしはひとり 背の君におくれて、かくて世にながらうる。
(「バラード 一一」)

「中世フランスに咲いた大輪の「知性の華」であり、ヨーロッパ最初の女性職業詩人・作家として縦横に文筆を揮って活躍した女性でありながら(…)この国では不思議なほど不運な詩人」クリスティーヌ・ド・ピザンの代表的な作品53篇を訳出。愛の詩とその生涯を翻訳紹介する。アートディレクション=原耕一。発行=大和プレス

本体6000円+税
A5判変型上製・176頁
ISBN978-4-7837-2780-4
2018年9月刊

本のご購入はこちらから