詩の本の思潮社

ホーム新刊情報 > 関中子『誰何』
新刊情報

関中子『誰何』

null


わたしを聞く


深い青に誘われる
一枚の枯れっ葉のようにシーツにひっついて
うす青い空に眺められる
地上から見えない日にも信じる
(「これくらい」)

青ずっぱい空、白く光る風、空を繕う真珠――人は21世紀の景を歩き始めたばかりよ。あのころの青と、いまの青は変わっただろうか? 湧き出る詩想にひかりを投げる新詩集。

2420円(税込)
A5判並製・96頁
ISBN978-4-7837-3749-0
2021年6月刊

本のご購入はこちらから