詩の本の思潮社

ホーム新刊情報 > 【近刊・予約受付中】田窪与思子『サーカス』
新刊情報

【近刊・予約受付中】田窪与思子『サーカス』

null


ここ、どこ?


何もかもが行き詰まった世界の片隅で、研いだ玄米を炊飯器にいれたあたしは、新型コロナウイルスのニュースを消し、虹色の光降り注ぐ庭園を空想する。(「空想庭園」)

「田窪与思子の詩のキーワードは移動だ。それゆえサーカスだ。悲喜こもごもの事象を包み込んで、言葉の天幕が時空を翔ける。そのとき、「あたし」とはもちろん「あしたの朝焼け」にほかならない」(野村喜和夫)。目くるめく第4詩集。装幀=佐野裕哉

2750円(税込)
A5判上製・128頁
ISBN978-4-7837-3745-2
近刊・予約受付中

本のご購入はこちらから