詩の本の思潮社

ホーム新刊情報 > 岡本啓『ざわめきのなかわらいころげよ』
新刊情報

岡本啓『ざわめきのなかわらいころげよ』

null


ふたごのブランコ


わたしは拒否する
わたしのための朝焼けを
息をのむほど高いこの失望こそ
わたしのもの
(「透明の靴を編む」)

「そうだ、石室は、胎内というよりもむき出しの聴覚だ。大地がきき耳をたてている。墳丘の耳――。するとどうだろう、太古からはるかな物音が一気に聞こえてくる」(「風景に呼びかける」。)二冊のはざまからふく風に――。2010年代を画した『グラフィティ』『絶景ノート』につぐ、待望の第3詩集。著者自装

本体3600円+税
A5判変型上製たとう入・80頁/88頁
ISBN978-4-7837-3730-8
2020年11月刊

本のご購入はこちらから