詩の本の思潮社

ホーム新刊情報 > 高橋睦郎『深きより 二十七の聲』
新刊情報

高橋睦郎『深きより 二十七の聲』

null


伝統という冥界下り


千年 千數百年 久しく忘れられてゐた私の名を呼ぶのは
幾層にも振り重なつた時間の堆積の底 隙閒なく きしきしと
泥の詰まつた鼓膜を打つて 私の眠りを覺ますのは 誰?
(「深きより」)

現代の詩人にとって冥界とはひたすら伝統のことではないか――。稗田阿礼、額田王から、蕪村、河竹黙阿弥まで、古代から近世にいたる先人の霊をして、その詩心を語らしめる。日本語詩歌との長い歳月を結実させた、空前絶後の試み。「現代詩手帖」好評連載を集成。〈三島由紀夫〉との交信・対話を付す。装幀=原研哉+梶原恵

本体3800円+税
菊判変型上製・192頁
ISBN978-4-7837-3712-4
2020年10月刊

本のご購入はこちらから