詩の本の思潮社

ホーム新刊情報 > 今村秀子『つまからほどきましょ』
新刊情報

今村秀子『つまからほどきましょ』

null


着物の裾は


つまから ほどきましょ
たとうしにくるまれたあかいきものは もう

     あわせのすそをつまみ
     はたいてみせてくれた おはりのせんせい
     (…)
     「じょうずにつまをたぶらかせば
      うつくしさは きわだちます」
     (「はるさめ」)

「喜怒哀楽のいっさいをほどいて素にかえる、はぶたへの裏地で作るもの、くらしのなかの居住まいや佇まいを、そっと濡らしてゆく雨のそぶりに濃い命のしおり」(川上明日夫)。「はるさめ」「ぼたん雪」「かきつばた」……遅れていく思いを、季節のうつろいに託して。

今村秀子(いまむら・ひでこ)
1949年福井県南条郡生まれ。詩集に『17才のうた』『野菊』『紅蓮』『百八枚の花びら』『山姥考』がある。詩誌「木立ち」同人。

本体2400円+税
A5判変上製・96頁
ISBN978-4-7837-3705-6
2020年8月刊

本のご購入はこちらから