詩の本の思潮社

ホーム新刊情報 > 十田撓子『銘度利加』
新刊情報

十田撓子『銘度利加』


第1詩集


さきの世で繋がる人たちはとうに立ち去った

とても遠い呼び声を
ずっと聞いていたような気がする
(「銘度利加」)


「来満街道は、山深い大湯で育った少女の、そしてこの詩集の夢の通り路である」(吉田文憲)。「『銘度利加』は、新しい受洗者名簿(メトリカ)として、大湯の町のハリストス正教の記憶を後の世に伝えるだろう」(林浩平)。この土地を行き交う者たちの気配を、胎内に響かせ、鎮める、聖なるうた声。第1詩集。装幀=猿山修

本体2200円+税
A5判変型並製・112頁
ISBN978-4-7837-3593-9
2017年11月刊

本のご購入はこちらから