詩の本の思潮社

ホーム新刊情報 > 井戸川射子『遠景』
新刊情報

井戸川射子『遠景』

null


あなたはわたしを拡大して


体と言葉が通じないので泣いている
わたしは見守る役だ
(「荒れる木星表面」)


「口が互いに開き合い/迎えにきてくれる人を望んでいる/聡明な馬、正しい矢のように/行きたい場所がある気がする」(「帯の彫刻」)。離れ、広がっていくわたしたちの時間を、繊細になぞってゆく。中原中也賞、野間文芸新人賞をうけた注目詩人による、待望の第2詩集。装画=著者

2200円(税込)
四六判上製・98頁
ISBN978-4-7837-3790-2
2022年6月刊

本のご購入はこちらから