詩の本の思潮社

ホーム新刊情報 > 峯澤典子『微熱期』
新刊情報

峯澤典子『微熱期』

null


通りすぎてゆく


夢から覚めたあとにはきまって、母から離れ、うまれてはじめてひとりで歩いた朝の小道を思いだします。つもったばかりの粉ゆきのうえにはちいさな生きものの足跡。小鳥、野兎、栗鼠、子狐。
(「ひとりあるき」)

みずからの居場所などはじめからもたずにてん、てん、と、かりそめの読点のように、非情な月日を通りぬけてゆくために。祈りのような歩行。5年ぶりの新詩集。組版・装幀=片桐寿子、装画=サカモトセイジ

2530円(税込)
四六判並製・112頁
ISBN978-4-7837-3792-6
2022年6月刊

本のご購入はこちらから