詩の本の思潮社

ホーム新刊情報 > 川口晴美『やがて魔女の森になる』
新刊情報

川口晴美『やがて魔女の森になる』

null


シスターフッドの未来


もう知らない誰かに勝手に使われたり奪われたりしなくていい
かわいいとか幸せそうとかおもわれなくてもいい
わたしがわたしじゃなくたっていい森の
秘められた水の辺にはわたしかもしれないひとたちがいる
(「世界が魔女の森になるまで」)

あなたはもうひとりのわたしなのかもしれない。だからこれはひとりの、わたしたちの声。話題となった「世界が魔女の森になるまで」(「早稲田文学増刊「女性号」」初出)を収録。高見順賞受賞の『Tiger is here.』以後、着実な歩みを見せる新詩集。装画=イケムラレイコ、装幀=白本由佳 

2640円(税込)
四六判上製・112頁
ISBN978-4-7837-3764-3
2021年10月刊

本のご購入はこちらから