詩の本の思潮社

ホーム新刊情報 > 現代詩文庫『三井喬子詩集』
新刊情報

現代詩文庫『三井喬子詩集』


水底で搔き抱く言葉


視線をひたと据えた あなたの
瞳孔を開けたままの眠りの
その痛みが
魚卵のなかのわたしを老いさせる
(「眠り」)


「この詩人の描き出す情念の世界には一箇の魅惑的な魔物が棲んでいるとつねづね私は思ってきた」(倉橋健一)。血のようにめぐる生/性の哀しみと滲み出るユーモアが、流れ続ける河水の風景を軸に、幻境の世界に仮託し紡がれる。初期詩集を含め、代表作『牛ノ川湿地帯』『青天の向こうがわ』など、9詩集から収録。
解説=長谷川龍生、中塚鞠子、野村喜和夫、城戸朱理

本体2400円+税
四六判並製・160頁
ISBN978-4-7837-1016-5
2017年9月刊

本のご購入はこちらから