詩の本の思潮社

ホーム新刊情報 > 吉田博子『母樹』
新刊情報

吉田博子『母樹』


そのままの姿で


わたしの母は
朝露の透明に輝く玉のひと粒ひと粒に
宿っている
(「母樹へ」)

母なる樹から落ち、土に還っても、葉の思いはつながっている。痛みも輝きもありのままに、ひと粒ひと粒のいのちから虹色のうたが立ちのぼる。ゆたかに茂った新詩集。

本体2400円+税
A5判上製・110頁
ISBN978-4-7837-3552-6
2016年12月刊

本のご購入はこちらから