詩の本の思潮社

ホーム新刊情報月別リスト > アーカイブ
新刊情報

田中宏輔『ツイット・コラージュ詩』


田中宏輔3冊連続刊行!



とてもエロい夢を見て目が覚めた。海岸で、ぼくが砂場の一角を下宿にしてたんだけど、学習塾の生徒がきたので、「ここはぼくんち」と言って、いじわる言ってたりしてたら、酔っぱらった青年が倒れ込んできたので、背中におぶってあげたんだけど、それがむかしの恋人にそっくりで、

おぶってると、背中に恋人のチンポコがあたって、ああ、なつかしいなあ、この感触とか思ってたら、そこからシュールになって、おぶっていた恋人が数字になって、ぼくの背中からこぼれ出したのね。①、②、③とか○つきの数字。あちゃ~、というところで目が覚めました。ちゃんちゃん。
(「COME TOGETHER。」)

ツイッターで呟かれた詩群を集成した長篇詩3篇を収録。ただし単なるツイート詩と思って読み始めると、途中で、いや冒頭1行を読むだけで、間違いをおかしたことに気付くだろう。140字を計算された空間として使い、ときには脱臼させつつも圧倒的な詩的空間に読者を引きずり込む。

*この詩集はオンデマンド出版で、アマゾンのサイト(Amazon.co.jp)のみでの販売になります。書店および思潮社営業部での取り扱いはありません。ご注文ごとに印刷製本し、24時間以内に発送、2~3日でお手元にお届けします。送料、印刷手数料等はかかりません。お問合せ=03-3267-8141(思潮社編集部)

本体2,200円+税
A5判変型並製・272頁
ISBN978-4-7837-3406-2
2014年3月刊

本のご購入はこちらから



 

田中宏輔『ゲイ・ポエムズ』


田中宏輔3冊連続刊行!


あっ、いまイッタ?
違う?
じゃ、何て言ったの?
雨?
ほんとだ。
さっきまで、晴れてたのに。
そこにあった空が嘘ついてた。
兎に角、兎も角、

志賀直哉はよく書きつけた。
降れば土砂降り。
雨と降る雨。
(「泣いたっていいだろ。」)

これまでの詩集からの自選アンソロジーと詩集未収録の新作長篇詩群で構成された、著者のゲイ・ポエム集成版。詩や小説というジャンルを超え、日本の文学史をひっくり返す未体験の作品集。ここに日本のクィア文学の幕開けを告げる!

*この詩集はオンデマンド出版で、アマゾンのサイト(Amazon.co.jp)のみでの販売になります。書店および思潮社営業部での取り扱いはありません。ご注文ごとに印刷製本し、24時間以内に発送、2~3日でお手元にお届けします。送料、印刷手数料等はかかりません。お問合せ=03-3267-8141(思潮社編集部)

本体2,800円+税
A5判変型並製・256頁
ISBN978-4-7837-3407-9
2014年3月刊

本のご購入はこちらから



 

杉本徹『ルウ、ルウ』

null


未来の夕映え、に


青をほどく紫陽花を、月の運河に浸そうとして
あなたと、この場所に来た(……あなたと、たしかに来た)
(「神楽坂の記憶を」)

鮮烈なもの、羽搏くもの、託したもの、よ――。17篇の“窓”のはて、かけがえのない都市の鼓動を聴く。彷徨の歩みにさそわれた、天体の音楽。5年ぶり、待望の第3詩集。装画=有坂ゆかり

本体2,200円+税
A5判並製・106頁
ISBN978-4-7837-3400-0
2014年3月刊

本のご購入はこちらから



 

加納由将『夢見の丘へ』

null


何本もの道を


行こう
丘に続く吊り橋が待っている
この道の向こうの
夢見の丘へ
(「夢見の丘へ」)

「きびしい自己凝視のなかで、身体の不自由のなかにのみ〈私〉を閉じ込めてしまうのではなく、まさに〈私〉の普遍化に向けて、けんめいに言葉との葛藤を強いている」(倉橋健一)。無数の道筋を描ききるべく、詩人は幻視する。その先に兆す幾通りもの未来――。

本体2,200円+税
四六判上製・94頁
ISBN978-4-7837-3399-7
2014年2月刊

本のご購入はこちらから