詩の本の思潮社

ホーム現代詩手帖 > 2020年12月28日発売 現代詩手帖2021年1月号

2020年12月28日発売 現代詩手帖2021年1月号

null
【作品特集】現代日本詩集2021

作品
中村 稔 凩にしごかれながら
谷川俊太郎 おに
北川 透 一緒に歩こうか
高橋睦郎 ねずみ捕り どこまでも
吉増剛造 廃星の子の翳す巨な波頭!
粕谷栄市 カロル
川田絢音 太い涙
藤井貞和 学校、後ろ戸、短歌
佐々木幹郎 民話のように
荒川洋治 白旗
稲川方人 砂利道、星座 吉岡実に
瀬尾育生 セプテンバーソング
福間健二 離れわざの恋/デイドリーム・ランチ
井坂洋子 板橋
吉田文憲 風の泣くところ
朝吹亮二 行方知レズ(アストロノータスオセレータス)
江代 充 かなしみを乞う者
岩佐なを 三種盛合せ
野村喜和夫 シンラ第一章 第61番〜第65番
平田俊子 「幡ヶ谷原町」バス停
池井昌樹 ほのかにひとつ 他二篇
城戸朱理 横たわる苦悩
四元康祐 ツーピース
小池昌代 力士
高貝弘也 縦露地の家/記憶 高野保光設計「縦露地の家」に
和合亮一 句読点
蜂飼 耳 北斗七星
日和聡子 音信
杉本真維子 毛のもの Ⅱ
小笠原鳥類 恐竜はアンモナイトだ。白い、石でできた建物だよ
岸田将幸 冬の小鹿
中尾太一 汀にゆく人たちのポエトリーリーディング
三角みづ紀 むくい
最果タヒ 生理詩
森本孝徳 ポプリと宿主
岡本 啓 東京、2020
暁方ミセイ 油山迷歩
水沢なお ハヌカ
山﨑修平 これは嬉しいひかりの水面 第31回歴程新鋭賞受賞第一作
尾久守侑 裏声の星 第9回エルスール財団新人賞受賞第一作

連載詩
松浦寿輝 人外詩篇12
藤原安紀子 耳のながい書物(tonguing) ツクノママ、とおい非においての短詩文

連続対談
豊﨑由美+広瀬大志 詩は世につれ、世は詩につれ カッコよくなきゃ、ポエムじゃない!

新連載
藪内亮輔 ポップで、あまのじゃくで、まじめで、いとしい 瀬戸夏子『ずぶ濡れのクリスマスツリーを』 昏れてゆく短歌
福田若之 組成への淡いまなざし 鴇田智哉『エレメンツ』 句がふるえるあいだ

連載
深瀬サキ(大岡かね子)+赤田康和[聞き手・構成] 修羅を旅する父から離れて 大岡信、詩人とその素顔
白根直子 女の戦い 永瀬清子と夫・越夫 永瀬清子研究の現場から
舛谷 鋭 東南アジアのサイノフォン詩人たち いま、世界で[マレーシア・シンガポール]
水下暢也 無題6 ホン・サンス『逃げた女』 散文を映像に
田中庸介 もうひとつの言葉の力 わたしが詩を書くとき
ナカムラクニオ 青の魔術師 ルベン・ダリオ『AZUL』 詩集偏愛図書館

書評
野崎有以 「原型」によって魂を揺さぶる詩集 岩佐なを『ゆめみる手控』
髙塚謙太郎 穴を胡瓜が通過するとき 浜江順子『あやうい果実』
小川三郎 目を凝らしてよく見る。 柿沼徹『某日の境』
一方井亜稀 もう一歩だけ、を支える色 北爪満喜『Bridge』
京谷裕彰 遍在する〈ひかりの粒〉 松尾真由美『多重露光』
小林坩堝 物語なき時代の叙事詩 大野南淀『アラバマ太平記』

レビュー
平井倫行 風立ちぬ(Dust in the Wind) 「瞬く皮膚、死から発光する生」展

月評
松尾真由美 共鳴し交感するもの 詩書月評
奥間埜乃 ページを捲る手 詩誌月評

新人作品
1月の作品

新人選評
時里二郎 詩人の身体と言葉の身体
暁方ミセイ ちょうどいいところで止まること

増頁特別定価1650円(本体1500円)


次号2021年2月号は、「作品特集――現代詩、新しい風/マーサ・ナカムラの世界」を予定しています。どうぞお楽しみに。

ご予約はこちらから